娘の繊細な感情がわからなかった

私のブログにいいねをしてくださった方のブログ
を読んでいて、

その繊細さに驚きました。

私には繊細な感情を理解する能力が足りません。


私自身「自閉症スペクトラム障害」の傾向を持つと
自認しています。私の若い頃に発達障害の概念が
広く周知されていたら、診断に至ったケースだと
思っています。


また、故人となった夫もタイプの違う「アスペルガー
症候群」のグレーゾーンだと思います。

自分自身を「カサンドラ症候群」に当てはめるのは、
少し無理があるかもと思っていましたが、辛い思いを
してきたことは事実としてありました。

私は子供たちが不登校になったころには、夫との距離
を大きく取ることで自分を守ることができていましたが、


ふと、娘は、どうだっただろうかと。


私と夫とのケンカを聞きながら、怖い思いをしていたの
だろうと思いました。


調度不登校になった小4の頃、

学校は学校で、私立中学受験でイライラしている女子たち
がいて、頑張りすぎる代替教師が担任をしていたことも
あって、いろんなことが重なり合って、一杯一杯になって
いたのかもしれません。


もしかしたら、娘は「カサンドラ症候群」なのではないか
と思い至りました。

今まで考えたこともありませんでした。
今からでも、少しずつ学んでいこうと思います。


snabi.jp