発達障害

グダグダな気持ちからスッキリな展開

長年の友人から昨年の10月以来の電話がありました。 outhicafe.hatenablog.com 今回は、事前に予約のメールが来ました。多分前回の電話の時につい、舌打ちしてしまったような気もします。 めんどくさいな、という気持ちが 溢れてしまったのかもしれません。 …

先日の朝のドタバタのオマケ

今朝、息子が起きてきてすぐ 珍しく話しかけてきました。 「仏様の灰はどうやるの?」 「えっ!今!」 「あと15分で出勤なんだけど」 「ムリムリ」 「こういうことは週末か平日の夜に して」 仏壇の灰入れが溢れるほどになって いて掃除をする係は娘なんです…

人と繋がることの難しさ

小さい頃から人に関心がなかった息子です。 運良くマタニティ教室で知り合ったママさんたちとグループが できて、そのグループで生後6ヶ月ごろから遊びまくりました。 2歳ごろから地域の幼児サークルにもグループと一緒に参加し ましたが、その時に大きな集…

[記録]『おうちカフェ』で作った献立《2017-2020年1月》

《第54回》2017年2月⒈ タコライス ⒉ ベーコンと小松菜のスープ ⒊ 唐揚げ ⒋ 大学芋 ⒌ バナナプリン………………………………………《第55回》2017年12月⒈ 丸鷄のローストチキン ⒉ ビーフシチュー ⒊ ボルシチ風スープ ⒋ バジルソースのパスタサラダ ⒌ 大学芋 ⒍ サーターアンダ…

[記録]『おうちカフェ』で作った献立《2015-2016》

《第42回》2015年2月今回も代理主催です。⒈ ハッシュドビーフ風カレーライス ⒉ クレープシュゼット ⒊ おからシフォンケーキ、バナナチョコ ⒋ 他一品………………………………………《第43回》2015年4月 お弁当&お花見 今回も代理主催です。………………………………………《第44回》2015年5…

[記録]『おうちカフェ』で作った献立《2013-2014》

《第32回》2013年1月1.ボルシチ 2.焼きピロシキ 3.キャベツの漬けもの 4.チョコレートとベリーのデザート 5.紅茶、ジャム …………………………………………………《第33回》2013年2月(おやつ)⒈パンケーキ トッピング (いちご、バナナ、キウイ、リンゴ、黄桃(缶)、 み…

[記録]『おうちカフェ』で作った献立《2012》

《第22回》2012年1月1.ぶり大根 2.白和え 3.きのこ汁 4.大福 5.煎茶、紅茶、ウーロン茶 …………………………………………………《第23回》2012年2月1.瓦そば 2.がんもと小松菜の含め煮 3.大根とキャベツとキュウリのサラダ 4.チョコクランチ …………………………………………

[記録]『おうちカフェ』で作った献立《2011》

《第13回》2011年1月①カルボナーラ鍋 ②白飯 ③さっぱり冷やしトマト ④焼きプリン ⑤マカロン ⑥冷たい生姜ジュース……………………………………《第14回》2011年2月①バラちらし寿司 ②菜の花とささみの辛子和え ③はまぐりの潮汁 ④イチゴの大福 ⑤ほうじ茶、抹茶、てん茶……………………

[記録]『おうちカフェ』で作った献立《2010》

《第7回》2010年1月①びっくりチョコレートプディング ②オレンジケーキ ③カボチャのムース ④リンゴのコンポート ⑤和菓子 ⑥ミネストローネ ⑦ロールキャベツスープ ⑧リンゴとキャベツのコールスロー ⑨リーフレタスと炒めキノコのサラダ ⓾スコーン …………………………………

[記録]『おうちカフェ』で作った献立《2008〜2009》

2008年の8月から、コミュニケーションや対人関係に 困難のある大人の当事者の食事会活動として mixiのコミュニティに集まってイベントを してきました。コミュニティ活動を閉会するにあたって、献立の記録 だけでも残したいと思います。………………………………………《第…

記録として残す作業をしています

友人から勧められて2005年の9月から始めたmixi、 来春には退会する予定です。ゆっくりですが、過去の日記の中から子どもたちの 成長に触れた内容をメモとして記録することにしました。また、発達障害のある子どもと親との親睦の場として 始まった体験的料理…

色々な方々に支えられて

思えば、私は運が良かったのかな〜と思ってしまいます。 良い出会いがたくさんありました。保健所のマタニティ教室でたまたまご一緒したママさん たちで、「月一回お茶しましょう」と始まったママ友の 集まりができました。そのママ友仲間で、天気の悪い日は…

娘の繊細な感情がわからなかった

私のブログにいいねをしてくださった方のブログ を読んでいて、その繊細さに驚きました。私には繊細な感情を理解する能力が足りません。 私自身「自閉症スペクトラム障害」の傾向を持つと 自認しています。私の若い頃に発達障害の概念が 広く周知されていた…

子の不登校からたくさん学びました

我が家の兄妹が一緒に不登校になったのが、兄中2、妹小4の時です。兄の方は結果的に発達障害をベースにした二次障害だとわかりましたが、妹の方は、医療にもサポートにもつながることができず、不登校を3回、小4小5中1と繰り返えしながら、自力で戻っていき…

友人関係を見直したくなった時

そもそも友人とは何かがよくわかっていないの かもしれません。 自分が必要とするよりも相手の必要に応えるように 付き合う中で、自分の感情を育てている部分も あって、相手の感情を受け入れることがあっても、 自分の感情を押し殺してしまうことが たまに…

手ぶらでいいと言われたので

今日は面接でした。会社都合の他店への異動だし、履歴書もいらないし、 手ぶらで大丈夫と言われて、頭の中もすっかり空っぽのまま行ってしまいました。 最初から言うと、まず、昔行った経験のある場所だったので、あーぁ、知ってる知ってる、そう簡単に思い…

決められないのか決めたくないのか

今年の2月に一旦断念した転居の件です。結婚してから引っ越しは2回経験しています。 どちらも必要に迫られての引っ越しだったし、夫の都合である地域に限定されていたので、 近場での引っ越しでした。夫が他界した今は、ある意味どこに行っても 良くなりま…

姉から感謝されるなんて、それはそれで不安

私には70代の姉がいる。娘達三人はそれぞれ家庭を持って 独立しているので、 ずっと一人暮らしをしている。先日、半年ぶりくらいに電話をしたら、 とても喜ばれて感謝された。 私も話ができて楽しかったのだけれど、 その後の付き合いをどのような距離にして…

転居を試みるも断念

お久しぶりです。皆さま、お変わりありませんか? 私はというと自分を支えることで精一杯で、大した仕事や家事もしていないのに毎日があっという間に過ぎていってしまう感じです。 さて、昨年の秋頃から本格的に転居に向かって動き出していたのですが、結論…

強い危機感から僅かな希望の光へ

前日の日記からの続きです。 outhicafe.hatenablog.com 主治医との関わりが手帳更新のための診療という 限定的な関わりしかないので、この超高齢な医師に かかっていて良いのかどうかもわからず、 もっと面倒見の良い?医師を探した方がいいのか 迷っていま…

強い危機感 2

前日の記事に続きます。 outhicafe.hatenablog.com 児童精神科医との出会いは、息子が15歳の時。当時中2の2学期から不登校になり、学校に回ってくるカウンセラーさんから 勧められて教育センターのカウンセリングにつながりました。酷い対人恐怖があり、知ら…

強い危機感 1

久しぶりに眠れない夜。 どうしようもない課題を長い年月抱えているとあるときから一定の安定期に入る。 将来の不安を考えてもどうしようもない。今、この時を大切に生きる。 今日は、息子の精神保健福祉手帳更新のための診療に付き添った。 付き添うと言う…

体力がないんじゃなくて脳力がない⁉︎

こんにちは。よく“体力ないから”なんていったりしますが、 私“脳力ないから”なんていうのは あんまり聞きませんよね。 脳力なんて言葉があるのかどうかも調べていませんが、 あえていわせていただくと、 私には使える脳の容量が少なくて、範囲というものがあ…

身の丈に合った活動

「集大成にしたい」2年先輩の友人の言葉。 彼女はとてもエネルギッシュな人です。 自分の身体が元気に動けるうちに、 趣味に大枚を注ぎ込んで 長年努力してきたことの 集大成にしたいという。私に継続することの素晴らしさを 身をもって教えてくれた人でもあ…

うちの家族

こんにちは。我が家は3人暮らし。30代の息子(自閉症スぺクトラム)と、 20代の娘(小中不登校3回、大学中退)と、 私(発達障害のグレーゾーン)の三人三様の 個性の持ち主でありながら、まぁ、仲良しな方ですかね。三人共通の話題は、サッカー。 兄妹は、とて…

付箋の活用

最近、物忘れが進んでいるような気がする。今ちょっと前に考えついたことを忘れてしまう。 甲状腺の機能が低下すると認知症の心配もあるらしいけど、 数値的には機能に問題がないので、 そこまで心配するのは早すぎると思う。 元々高齢者の物忘れとは違う記…

ブログを書く目的

これは私の場合ということですが、居場所を失って誰かと会話したくなったのがはじまり。 誰かとしゃべりたい。かと言って毎日毎日生活に追われてなおかつストレスを抱えていたりすると これが意外と難しいんだよね。 だって誰と会って、どんな話をしたいのか…

ひきこもりフューチャーセッション“庵”に参加してきました

日曜日の渋谷駅前は人人人でいっぱい開催当初の頃は何回か続けて行っていたのですが、 日々の忙しさの中、足が遠のいていました。何年ぶりかの“庵”でした。 主催者のスタッフの方々にも知らない方も いらっしゃっいましたが、懐かしい顔ぶれに ほっとしたり…